費用を用意して家を建てよう

3000万円台の住宅

特にこだわる部分を決めよう

3000万円ほどを用意すると、1部屋に高額なお金を費やせます。
他の部屋は普通のデザインで良いから、1つの部屋だけ豪華にしたいという人におすすめです。
部屋を広くしたり、代わった素材を選択したりしても良いですね。
温かい空気を逃がさない素材もあります。
寒い地域で暮らしている人は、そのような素材で住宅を建てると、いつでも室温が温かくなるので快適に過ごせます。

デザインを決める段階で、こだわる部屋を決めてください。
こだわる部屋が多いと、費用が3000万円以上になってしまいます。
お金を用意するのに時間が掛かるので、無理に全ての部屋をこだわろうと思わないでください。
家族がみんなで過ごす部屋をこだわると、みんなが暮らしやすくなります。

家族の意見を必ず聞こう

自分がこだわりたい部分と、家族がこだわりたい部分が違っているかもしれませn。
予算が足りていれば、両方をこだわったデザインや素材にすることができます。
ですが予算が3000万円ぐらいだと、こだわれる部屋は1つだけになってしまうでしょう。
よく家族と、話し合ってデザインを決めてください。
自分勝手に決めると、家族が納得しない住宅になります。

時には自分の意見を退けて、相手の意見に同調することも大事です。
家族の意見をしっかり聞くと、自分もそちらの意見が良いと思えるかもしれません。
納得していない人が1人でもいる段階では、業者に工事を依頼しないでください。
家族全員がデザインに納得できたら、依頼しても大丈夫です。

TOPへ戻る